ロンドン到着。

昨夕ロンドンに到着。2-3年ぶりかな。嬉しい。以前は毎年必ず一度訪れていたくらいハマっていましたが、最近は他にもいろいろ行きたい国や世界遺産があるのでしばらくお預けでした。

 

今回は諸事情のタイミングで、ロンドンとブリュッセルに決定。いつもこんな感じで直前に渡航先を決め、エアーチケットと宿を予約。この時期やけにロンドンのホテルの予約取りにくいし、宿泊代もつり上がって割高だなぁと思ったら、なんだウィンブルドンだったんだね。でもやっとこさ宿が取れて、毎年恒例・蒸し暑い日本脱出・気ままな地球庭園お散歩のはじまりはじまり〜。

「あれ_なんか違う!」久しぶりのヒースーロー空港はいつの間にかリニューアルして明るい感じ。

ただ、イミグレーションにはすごい人でごった返していました。夏休みの中高生の団体やホリデーメーカーたちがどっと一気に押し寄せたため、手続きに時間取られてる感じでした。一時間くらいしてようやくそろそろ順番がまもなく回ってきそうなころ、入国管理のスタッフの人がミネラルウォーターのペットボトルを配ってくれました。こういうの今まで世界旅してなかったので、珍しい。長時間待ってくたびれかけたところへ涼風を運ぶような気の利いたサービスに感激!さすが、ジェントルマンのお国柄!!

そう言えば、1992年に初めてロンドンを訪れた時は、いろんな意味で衝撃を受けて、メルボルンに帰ってから約一ヶ月間は毎晩欠かさずイギリスの夢を見続けました。幽体離脱体験っぽい感じで実際にロンドンやほかのイギリスの町を行ってきたような不思議な体験。ロンドンや他の町の上空を飛んで眼下の街の様子をありありと眺めたり、地下鉄に乗って移動したり、デパートのエスカレーターやビルのエレベーターを上昇下降したり…何しろ上下左右に動きが多いですね。それとね、トンネルみたいなところにすごいスピードで駆け上って行く感覚がありました。

今回は時期的にウィンブルドンと重なってロンドンは旅行者に大人気ということもあって、宿が取りにくかったですが、無事にヒースーロー空港第5番ターミナルから特急列車でわずか21分のパディントン駅近くのホテルが取れてよかったよかった。この辺はお店やレストランが多く、活気があって便利なエリアです。

 

国際空港とかヨーロッパのような大きな主要都市の鉄道ターミナルに来ると、私はなぜかテンションが自然に高くなるスイッチが入って、ワクワクして宇宙からのインスピレーションを受けやすくなります。世界中のいろんな国籍の人々が目的地は違えども一堂に会する不思議な場所…ターミナルって、宇宙のどこかにもそんなハブ空港みたいな所があって、そこからそれぞれの目標の惑星に飛び立っていった魂の奥底にある記憶が呼び覚まされるからなのかもしれない。

とにかく、着いてからロンドンは快晴で涼しい。蒸し暑い日本を脱出して正解だ。今年の夏も避暑のため海外へ脱出成功!ロンドンとブリュッセルで、自由きままなお散歩を楽しもう!

LINEで送る